さく井工事の申し込み【色々な相談が可能】

ニュース一覧

工事現場

井戸を掘るための基礎知識

さく井工事は地下水以外にも温泉や石油や天然ガスをくみ出すためにさく井機械を使って行う工事のことを指します。さく井工事は大型の機械を使うこともあり、危険を伴うこともあるため万全の安全管理がされた状態で工事が行われています。

作業員

井戸を掘るための費用

さく井工事にかかる費用は20m程度のボーリングでは30万円程度、50m程度では60万円程度が相場です。他にポンプ据え付けの費用がかかります。さく井工事は高い技術と経験が必要になってくるので、安いからといって適当な業者を頼まないようにしましょう。

井戸

3つの工法があります

さく井工事の工法には、ボーリング工法とパーカッション工法とエアハンマー工法の3つがあり、それぞれに得意な現場と不得意な現場があります。それぞれの工法を理解しておくことによって業者からの説明や見積もりが理解しやすくなります。

工事現場

地下水を使う目的

さく井工事によって得られた地下水を使うことにより、大量の水を使う農工業ではランニングコストを削減することができます。また一般住宅でも地下水の温度が一定している性質を利用して、冷暖房として使う動きがでてきています。

作業員

井戸を作る意味

今、自宅に井戸を作る人が増えています。井戸があることで、災害時などに水の供給ができます。井戸を作るさく井工事については、地質調査の専門業者が手掛けています。地質調査の専門業者に頼めば、事前の調査もしっかり行ってくれます。また、誠実な業者であれば、アフターサービスも充実しています。

業者を見極めて

重機

専門家の選び方

さく井工事とは、井戸を掘る工事のことです。災害時への備えや、生活用水としての使用などを考えて、さく井工事が気になるという人も昨今では増えています。さく井工事は実は素人でも行えます。ですが、深く地盤を掘るには特殊な技術と専門の機器が必要であるため、業者に頼むのが一般的です。さく井工事を行うときは、信頼できる業者に頼まなければなりません。基本的に日本では、平地ならばたいていは水がでると言われています。ですが、どれくらい掘れば水がでるかは場所によって大きく異なりますし、また出た水の品質もわかりません。水が出ない場所もあります。良心的な業者ならば水が出ない場合は料金を割引してくれることも多いので、どのような場合に料金がかかるのか、水が出るのかはどのようにして調査するのかなどを事前に確認しておきましょう。これらのポイントを満たすためにも、さく井工事が専門の業者に頼むべきです。また、井戸は掘った後もメンテナンスが欠かせないので、アフターフォローがしっかりしている業者に頼むのがポイントです。また、さく井工事自体に届け出は不要なことが多いですが、自治体によって規則は異なるので必ず確認しておきましょう。出た水の使用目的によっては届け出が必要になることも多いです。下水に流す場合や飲み水として使う場合にはそれなりの手続きもいるので必ず確認しておきましょう。使い出してから発覚すると何らかの罰則があることもあるので、事前に確認しておくのが大切です。

Copyright© 2018 さく井工事の申し込み【色々な相談が可能】 All Rights Reserved.