さく井工事の申し込み【色々な相談が可能】

ニュース一覧

3つの工法があります

井戸

特徴を知ることが大事

井戸を掘る工事のさく井工事は大きく3つの工法を使って工事を行います。それぞれの工法によって特徴があり、得意とするさく井工事と価格が異なってきますので、それぞれの工法を知っておくことによって業者の見積もりや説明を理解できるようになります。さく井工事というとボーリング工事と思う人が多いように最もポピュラーな工法がボーリング工法です。ボーリングの先端にビットを取り付けて、掘管を回転させながら地層を粉砕して掘り進んでいく工法です。苦手な地層がないため、安定したさく井工事が可能で、深い井戸を掘ることも可能です。他の工法と比べて騒音が少ないため、周辺に住宅の多い環境での施工に適しています。安価なさく井工事の工法として知られているパーカッション工法は、ワイヤーの先端に重いビットを吊るして、高いところから落とすことを繰り返すことによって地層を突き崩しながら掘削する方法です。高価な機器を使わずに工事をすることができるので、他工法よりも安価で済ませることができ、砂や石の地層であれば効率良く掘り進んでいくことができます。しかし、水脈が浅いところにあるときにしか利用することができず、打撃音がするので市街地では使いにくい工法です。掘削進度が早く、工期が短縮できるエアハンマー工法は、硬い岩盤の地層でも最も適している工法です。パーカッション工法のように一回一回打撃をするのではなく、圧縮空気を強制的に送り込むので掘削の速度を早めることができます。パーカッション工法と同じように深さ200m位までの浅い水脈にしか対応することができません。

Copyright© 2018 さく井工事の申し込み【色々な相談が可能】 All Rights Reserved.