さく井工事の申し込み【色々な相談が可能】

ニュース一覧

地下水を使う目的

工事現場

農工業から一般住宅まで

さく井工事を行って地下水をくみ上げると様々な目的に利用することができます。昔は地下水を飲み水として利用していましたが、今では上水道が普及していることもあって井戸水を飲み水として利用する機会は減っています。一方、農業用水や工業用水としての地下水利用は続いていて、上水道と比べてランニングコストが安いのがメリットです。大量の水が必要となる農場や工場では、高い水道料金を使うと収益を圧迫しかねないため、現在も積極的にさく井工事が行われています。また、さく井工事で得られる地下水は季節によらず年間を通して一定の温度であるのが特徴です。豊富な水脈を使っていれば、水質も水量も安定していて、深い水脈からとっていれば雨などによる濁りもなく、災害時に水道が利用できなくなった時でも利用することができます。一定の温度である特徴を生かして、公共団体からはじまり現在では一般住宅でも冷暖房の補助として地下水を利用するようになってきました。さく井工事直後は安定した水量を得られたとしても、ずっと使っていると井戸水位が低下したり、スクリーンに目詰まりが発生したりして、徐々に取水量が減少してしまいます。そんなときには井戸の改修工事をすれば完成直後の水量に近づけることができます。改修工事は井戸の調子が悪くなった時に実施することもできますが、定期的に実施していれば常に井戸の能力最大限で利用することができ、寿命を長くすることもできます。

Copyright© 2018 さく井工事の申し込み【色々な相談が可能】 All Rights Reserved.